こんなときは、早めの受診をお願いします。

淀川中央動物病院の手術体制

院長写真

年間約700件の外科手術の実績、きめ細かな手術体制
当院の成24年度(H23.03.09~H24.03.08)の手術数は678件です。
実績豊富な獣医師がケガや病気を見落とさず、諦めずに立ち向かうことをモットーに診療しております。

手術をする上で重要なことは、まず動物の身体状況をしっかり把握することです。
当院では血液検査や画像検査(レントゲン)、超音波検査(エコー)はもちろん、CTやMRIのある専門施設とも“密接に連携”し、確実な診断と最適なアプローチ方法の選択に努めています。

また、麻酔にも細心の注意を払い、従来のような注射麻酔いっぺんとうではなく、5パターンほどある技術を状況に応じて使い分けることで、リスクを大幅に軽減しています。高齢の動物の手術にも多くの実績があります。

選択肢は必ずしも手術だけに限りません。当院では飼い主様の満足を第一に考え、
積極的な治療から、年齢や家庭環境を考慮した治療など、3つ以上の治療法の提案
画像検査の結果や、時には絵を描いて説明するなど、わかりやすい説明の徹底
現実的に可能な診療費の削減に日々取り組んでいます

不安なこと、わからないことがあれば、どんどん質問してください。

去勢・避妊手術
去勢・避妊手術

猫の去勢・避妊、犬の去勢術は日帰り手術が可能です。
犬の避妊手術は1泊の入院が基本です、さらなる安全と早期回復のためにも1泊入院をおすすめします。1泊入院費は無料です。

詳細はこちら
骨折・脱臼などの整形外科手術
骨折・脱臼などの整形外科手術

近年は骨折・脱臼の件数がとても増えてきています。
交通事故に代わってここ数年多いのは段差から落下したり、足元にいて踏んでしまうケース、なかには走っていて壁にあたっただけで骨折するワンちゃんもいるほどです。

詳細はこちら
椎間板ヘルニアの治療・手術
椎間板ヘルニアの治療・手術

早急に手を打たないと歩けなくなることも!
椎間板ヘルニアは、ミニチュア・ダックスフンドに非常に多く見られる疾患です。

詳細はこちら
癌や腫瘍の手術
癌や腫瘍の手術

ガンの恐ろしいところは、痛みがあまり出ないことです。気づかないうちにどんどん大きくなり、広がってしまうのです。
だからこそ、定期的な健康診断が重要です。

詳細はこちら
軟部外科手術
軟部外科手術

当院で行っている軟部外科手術の代表的なものには、腸閉塞、会陰ヘルニア、軟口蓋過長症、猫の抜爪(ばっそう)などがあります。

詳細はこちら
各種手術費用
各種手術費用

各種手術についてのご案内。
症状によっても様々ですのでお気軽にお問合せください。


詳細はこちら
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
大阪市淀川区東三国6-12-6

【最寄り駅】
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

【電話番号】
06-6398-7692

お問い合わせ 詳しくはこちら