わんちゃん・ねこちゃんの病気ブログ

2013年6月15日 土曜日

犬の皮膚病について

大阪市淀川区にある淀川中央動物病院です。

今回は犬の皮膚病のおはなし。
わんちゃんが皮膚病にかかった場合、そのほとんどが「痒み」を伴う為
患部を舐めたり噛んだり、引っ掻いたりします。
噛んだり引っ掻くことで、毛が抜けてしまい傷ができることもあります。

傷ができると患部から細菌が入り、症状が悪化。結果的には治りにくくなります。

犬の皮膚病は薬で治すことができますので、市販で売られている薬も有効ですが
原因や症状は様々ですので、投薬によりかえって症状を悪化させてしまうこともあります。

血液検査をしないと判別できないものもありますし、大事な家族に正しい処置をしてあげるためにも
お近くの動物病院できちんと診断することが大切です。


投稿者 淀川中央動物病院

カレンダー

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
大阪市淀川区東三国6-12-6

【最寄り駅】
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

【電話番号】
06-6398-7692

お問い合わせ 詳しくはこちら