ホーム > ガン・腫瘍の手術

ガン・腫瘍の手術

6歳過ぎたら画像検査を含めた健康診断を

6歳過ぎたら画像検査を含めた健康診断を

ガンの恐ろしいところは、痛みがあまり出ないことです。「忍びよる」とは、まさにこのこと。気づかないうちにどんどん大きくなり、広がってしまうのです。

だからこそ、定期的な健康診断が重要です。6歳までは年1回の血液検査を。ガンの発生率が高くなる6歳以上になったら、血液検査に加えて、画像検査(レントゲン)とエコー(超音波検査)を含めた健康診断をお勧めします。
動物の悪性腫瘍は短期間で急激に大きくなるため、6歳以降の健康診断は半年に1回は受けることをおすすめします。

症状と来院の目安

気づかないうちに進行することが多いガンですが、腫瘍ができている場所によって、健康なときにはない症状が現れることがあります。例えば、腸に腫瘍があれば消化器系の症状、肺に腫瘍があれば呼吸器系の症状、骨に腫瘍があれば骨折と似たような症状が起こります。
便の色が黒っぽくなっていないか、血が混ざっていないか、呼吸が荒くなっていないかなど、日頃からよく観察して、体調の変化にいち早く気づいてあげてください。体を触っていて皮膚にしこりがある場合や、目・耳などにしこりがある場合も注意が必要です。
ガンは早期発見・早期治療が治癒のかなめです。異常に気づいたり、気になることがあれば、できるだけ早く受診しましょう。

悪性腫瘍(ガンなど)が多い犬種

ガンは犬種にかかわらず、高齢になると起こりやすい病気です。比較的多いのは、ゴールデン・レトリバーの血管肉腫や骨肉腫、パグの肥満細胞腫など。また、長生きする子が多いミニチュア・ダックスフンドやシーズーにも多く見られます。
猫の場合、血液の悪性腫瘍「リンパ腫」が最も発生頻度が高いです。

淀川中央動物病院のガン・腫瘍の手術

淀川中央動物病院のガン・腫瘍の手術

すべてのガンが手術適応になるわけではありません。例えば、リンパ腫や血液のガンであれば、化学療法がメインになります。ただし、血液のガンであっても、内臓に腫瘍ができている場合は、手術が必要なこともあります。
あちらこちらに転移していて根治が難しい場合は、手術をする目的は異なってきます。腫瘍があることによって機能障害を起こしているのであれば、QOL(生活の質)改善のために手術を行うケースもあります。
このように、ガンは種類や進行度合いによって対処の仕方が異なるため、1頭1頭の状況をみながら、飼い主様のご希望を聞いて治療を行っていきます。

入院日数も、それぞれの状態によって違ってきます。皮膚の小さな腫瘍などは、日帰りで手術できます。消化管の手術になると術後すぐには食べられないので、4〜5日入院して静脈点滴をしながら、少しずつ食事の量を増やしていきます。

なお、イボのような良性のできものであれば、メスを使わないレーザー治療や凍結療法で対応できることもあります。麻酔も局所麻酔でできるので、動物への負担が軽減できます。

術後について

傷口を舐めさせないことと、走り回らないよう気をつけてください。
腫瘍の種類や転移により、抗がん剤などが必要な子もいます。甘いおやつをあげることも控えたほうがよいでしょう。というのも、炭水化物(特にブドウ糖)がガンの主な栄養源になるからです。
手術できないガンや、手術で取りきれずに腫瘍が残っている場合も、炭水化物を減らし、脂肪とタンパク質が多めの食事にしたほうが、ガン細胞の成長を遅らせるのに役立ちます。その場合はシニア用フードより、高脂肪・高タンパクの子犬用フードがおすすめです。
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
大阪市淀川区東三国6-12-6

【最寄り駅】
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

【電話番号】
06-6398-7692

お問い合わせ 詳しくはこちら