ホーム > 椎間板ヘルニアの治療・手術

椎間板ヘルニアの治療・手術

早急に手を打たないと歩けなくなることも!

早急に手を打たないと歩けなくなることも!

椎間板ヘルニアは、ミニチュア・ダックスフンドに非常に多く見られる疾患です。彼らは、椎間板の外側の軟骨層(繊維輪)が極端に弱く、それが破れて、中の随核と呼ばれる部分が飛び出し、ヘルニアになります。
「椎間板ヘルニア」は人間の疾患としても比較的よく知られているため、動物の場合も人間と同じように考えがちです。ところが、人間の場合は膨れた随核が神経にあたって痛みやしびれなどの症状を引き起こすのに対し、動物の場合は即、下半身麻痺へとつながることが多いです。足が麻痺して歩けなくなり、車イス生活になってしまうワンちゃんも少なくありません。それほど動物の椎間板ヘルニアは深刻な疾患なのです。

症状と来院の目安

足をひきずるように歩く、足がもつれる、段差の上り下りができないなどが起こったら、椎間板ヘルニアの可能性があります。

もし、下半身が麻痺すると、毎日おしっこを絞ってあげたり、排泄物・尿による皮膚炎や褥瘡の予防やケアなど、動物だけでなく飼い主様にもたいへんな負担がかかってきます。
そうならないためにも、上記のような症状が見られたら、迷わず一刻も早く動物病院に連れてきてください。

椎間板ヘルニアが多い犬種

どの犬種でもなる可能性はありますが、ミニチュア・ダックスフンドの発生率が最も高いです。
ウェルシュコーギー、フレンチブルドッグ、ビーグルもたまに遭遇します。

淀川中央動物病院の椎間板ヘルニアの治療と手術

淀川中央動物病院の椎間板ヘルニアの治療と手術

椎間板ヘルニアは、まず最初の診断と場所の特定が重要になります。
前述したような症状が現れたときは、骨・筋肉など骨格系の異常なのか、神経の問題か、はたまた内臓に異常があって力が入らないために歩き方がおかしくなっているのか、などを診断します。

検査によってそれらの可能性を除外した上で、椎間板ヘルニアであることが強く疑われたら、次にCTとMRIで場所を特定します。場所をしっかり特定することによって、最善な手術のアプローチ方法を選ぶことができるので、レントゲンだけの診断に比べると治療成績は格段にアップします。
手術では、神経を圧迫している椎間板物質を摘出します。

入院期間は4〜5日程度です。

術後について

手術で原因を取り除いた後は、神経を回復させるためのリハビリが必要になります。当院では足曲げ運動など、飼い主様が自宅で毎日、手軽にできるリハビリの方法を提案しています。しっかり回復するまでは、激しい運動は避けてください。
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
大阪市淀川区東三国6-12-6

【最寄り駅】
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

【電話番号】
06-6398-7692

お問い合わせ 詳しくはこちら