ホーム > 去勢・避妊手術

去勢・避妊手術

病気の予防やストレスの軽減にも役立ちます。

病気やストレスの軽減にも役立ちます。

子犬や子猫を飼い始め、繁殖を希望されない方には、去勢・避妊手術をおすすめします。

☆メリットは?
社会的問題
昨今は動物も家族の一員として過ごす人が増え、それに伴い、ドッグカフェやドッグランなどで他のワンちゃんと接触する機会も多くなっています。そのような場所では、交配などの事故も起こり得ます。望まれない命が生まれてくるのを防ぐためにも、去勢・避妊手術はしておいたほうがよいでしょう。

●病気の予防
オスの場合は前立腺肥大や会陰ヘルニア、メスの場合は子宮蓄膿症や乳腺腫瘍など性ホルモンが関係する病気は、早期の去勢・避妊手術を行うことによってかなり予防できます。

●ストレスの回避
自然界の動物たちは、発情期がきたら交配します。しかし、ペットとして飼われている動物たちはそういうわけにはいきません。本能を抑圧されることは、動物にとっては相当のストレスです。そのストレスを解放してあげる意味でも、去勢・避妊手術は役立ちます。

☆デメリットは?
一般的に去勢・避妊手術後に、食欲の増加や基礎代謝の低下などにより太りやすくなる傾向がありますが、多くは適切な食事と運動によって肥満を予防することが可能です。大型犬の避妊手術後、ごく稀に尿失禁症状が出る症例も報告されています。

手術をするタイミング

上記の問題を解決するには、できるだけ若いうちに去勢・避妊手術をしておくことが望ましいでしょう。当院では、成長がある程度落ち着く生後6ヵ月頃をおすすめしています。もちろん、それ以外の年齢でも手術は可能です。

淀川中央動物病院の去勢・避妊手術

淀川中央動物病院の去勢・避妊手術

猫の去勢・避妊手術、犬の去勢手術は日帰りで行っています。
犬の避妊手術は1泊の入院が基本です。「どうしても連れて帰りたい」という飼い主様の要望があればお返ししますが、さらなる安全と早期回復のためにも1泊入院をおすすめします。1泊入院費は無料です。

当院が去勢・避妊手術で心掛けていることは、慢心しないこと。手術件数が多く、どんなにやり慣れている手術であっても、つねに初心を忘れず、1頭1頭の状況をみながら手術を行っています。

なお、動物の負担を軽減するため、体の中に残る糸は、吸収される縫合糸を使っています。これは去勢・避妊手術に限らず、すべての手術に共通することです。

術後について

傷口を舐めると傷が開いたり化膿してしまう場合があります。必要ならエリザベスカラーを装着するなどして、舐めさせないよう気をつけましょう。
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
大阪市淀川区東三国6-12-6

【最寄り駅】
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

【電話番号】
06-6398-7692

お問い合わせ 詳しくはこちら