ホーム > 骨折・脱臼等の整形外科手術

骨折・脱臼等の整形外科手術

小型犬人気で骨折・脱臼が増加

小型犬人気で骨折・脱臼が増加

現在、人気犬種のトップ3はトイ・プードル、チワワ、ミニチュア・ダックスフンドだそうです。
これらはいずれも体重5kg以下の小型犬。骨が細く、関節も弱いため、近年は骨折・脱臼の件数がとても増えてきています。

しかも、交通事故に代わってここ数年多いのは、ちょっとした段差から落下したり、足元にいて踏んでしまったケース、なかには走っていて壁にあたっただけで骨折するワンちゃんもいるほどです。

一方、ネコちゃんは交通事故や高い所からの落下から骨折するケースが多く見受けられます。
事故にあって運び込まれてくる野良猫も少なくありません。

症状と来院の目安

骨折や脱臼を起こしている場合は、その足が地面につかないように上にあげたり、歩き方がおかしくなったり(跛行)、触ると痛がったりします。

犬や猫は痛みを訴えることができないため、飼い主さんはつい「ちょっと様子をみよう」と放置してしまいがち。触ろうとすると唸ったり、威嚇するワンちゃん、ネコちゃんなら、なおさらです。けれども、時間がたつと筋肉が硬くなり、外れた関節や折れた骨が元に戻りにくくなります。手遅れになる前に、動物の様子に異変を感じたときは、できるだけ早く来院していただくよう、お願いします。

骨折・脱臼が多い犬種

トイ・プードル、チワワ、グレイハウンドなどの骨の細い小型犬に多いです。

淀川中央動物病院の整形外科手術

淀川中央動物病院の整形外科手術

骨折の場合は、手術で骨をつなぎ、大きさに合わせたプレートで固定します。プレートはそのままにしておくと、骨が治癒力を失い溶けてしまうので、約1ヵ月半ぐらいで取り外します。ただし、早く取り過ぎると骨がきちんとつかないため、取り外し時期の見極めが極めて重要です。
また、小型犬は特に骨の再生能力も弱いので、入院中は超音波の振動によって細胞を刺激し、骨再生を促進させる治療も行います。

脱臼で多いのは、膝蓋骨脱臼と股関節脱臼です。骨折と違い、関節はつねに動かすところなので、脱臼の手術は後々のことまで考えて手を打たなくてはなりません。例えば、膝であれば大腿骨の下部にある溝を深く削って膝蓋骨が外れにくくしたり、靭帯を短くしたり、伸びきった靭帯と骨の付着部を移動させたりします。

入院期間は、いずれも5日〜1週間ぐらいです。

術後について

動物の整形外科手術の難しいところは、術後、痛みがなくなるとすぐに走ったり、飛び跳ねたり、ケガをしている手足を容赦なく使ってしまうところです。そのため、術後は入院してある程度行動を制限したり、傷口を舐めたりしないよう管理する必要があります。
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
大阪市淀川区東三国6-12-6

【最寄り駅】
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

【電話番号】
06-6398-7692

お問い合わせ 詳しくはこちら